数年前からテレビの情報番組などで紹介されて以来人気となり、多くの種類が販売されるようになった「水素水」ですが、それらの中には肝心な健康への効果が抜けているものもあります。

ここでは水素水を効果的に摂取するため、高濃度水素水の作り方と、その保存の方法をまとめてみました。

まず店頭で販売されている商品を購入する場合、選び方としてはその容器で選ぶようにします。

一番高濃度のまま摂取できるものは「アルミパウチ」・「アルミボトル」型です。

できればアルミボトルのほうがより濃度が高いまま摂取できます。(アルミパウチの場合、プラスチック部分から多少の水素が漏れる可能性があります。)

購入した水素水は、できればすぐに飲みきってしまうほうが良いです。

アルミボトルなどの容器であれば保存は可能ですが、ほかの容器(ペットボトルやスティックタイプなど)の場合には、栓や封を開けた瞬間に水素が水中から抜け出てしまいます。

商品の中には、水中に含まれている水素の量がケタ外れに高いものがあります。

しかし、水中に溶け込むことができる水素の量(溶存水素含有量)には限度があり、その限界値は1.0ppm~1.57ppmとされています。

従って、商品に2.0ppmなどと書かれているものは、封を開ける前の状態を示しているだけで、実際に摂取するときには水素含有量は減少しているということになります。

水素は、高い圧力をかけることで限度なく水素を溶存させることは可能です。

しかし、これは高圧状態であるからできることであり、私たちが暮らしている通常の気圧の中では、1.57ppmが最高なのです。

このことを知っておくと、商品を購入する際に役に立ちます。

しかし、水素はどんどん抜け出ていくため、より高濃度で保存させることが大切となります。

それは、健康への効果が関係しているからです。

高濃度で摂取するためには一気に飲んでしまえば良いのですが、これでは健康の効果があまり発揮されないのです。

できれば、高濃度に保存した水素水を何度かに分けて飲むほうが、より体への効能が高くなることが証明されています。

では、どうやって水素水を高濃度で保存することができるのでしょうか。

高濃度で長時間持続保存が可能な方法として、「ナノバブル技術」が注目されています。

これは、特殊な技術を用いて水素の気泡(バブル)をナノレベルにまで極小化させることで、水中の水素濃度を圧力に頼ることなく充填することが可能となる技術です。

この技術を採用することで、水素が空気中へ逃げ出すことなく安定した含有量で長時間保存が可能となります。

この技術によってより健康に効果的な水素水を作ることができます。