増えすぎた活性酸素は体を酸化させ、衰えさせてしまいます。

健康に悪影響があるだけでなく、シミやシワの原因ともなる酸化は美容の大敵です。

そんな好ましくない酸化の原因となる活性酸素を取り除く効果があると言われているのが「水素水」です。

体内でどのような働きをしてくれるのか、まずは水素水の事を知ってください。

空気に触れて鉄が錆びるように、人体の細胞も酸素によって錆びてしまいます。

人間が体内に取り入れる酸素量は1日に500L以上です。

その内約2%が活性酸素に変わると言われています。

活性酸素は強い酸化作用を持ち、体内に侵入したウイルスを殺菌してくれます。

しかしこの活性酸素が増えすぎると正常な細胞や遺伝子まで攻撃してしまいます。

この攻撃が肌トラブルや老化を引き起こす大きな原因です。これが“身体のサビ”と呼ばれています。

活性酸素はなぜ増えすぎてしまうのでしょうか。

人体には本来過剰な活性酸素を抑制する抗酸化力が備わっています。

しかし加齢によってこの抗酸化力は弱まります。

その上日常の中に活性酸素を過剰発生させる要因が潜んでいるのです。

タバコ・ストレス・慢性的な睡眠不足・偏った食生活や過剰な飲酒・紫外線・大気汚染など、どれも健康に良くないと言われていますが、“身体のサビ”問題にもやはり悪影響です。

まずはこれらのダメージを軽減する生活を心がけましょう。

食べ物で活性酸素の過剰発生を防ぐ方法もあります。

抗酸化作用のある食材を食べればいいのです。

レンコン・トマト・ニンジンなどが良いのですが食材で十分な効果を得るには大量の野菜が必要になります。

そこでより効率よく摂取できるものとして提唱されたのが水素です。

水素なら水素水として簡単に必要量を摂取でき、医学的にも安全性が認められています。

具体的な水素水の効果を見ていきましょう。

過剰な活性酸素は血流を悪化させ毛穴を詰まらせます。

そして老廃物を体内に蓄積させてしまいます。

美しい肌を保つためにはターンオーバーがスムーズでなければなりませんが、活性酸素はターンオーバーを阻害してしまいます。

スムーズでないターンオーバーは様々な肌トラブルを引き起こします。

これを改善してくれるのが水素水です。

水素水は悪化した血流を改善し体内環境を正常化してくれます。もちろん肌にも良い影響があります。

皮膚細胞に水分・酸素・栄養分が行き渡り、ターンオーバーが促進され、肌にハリとツヤが出てくるのです。

現時点では水素と美容の関係の科学的な証明はまだまだ不十分ではあります。

肌と水素水の関係についての研究は現在も進められている途中ですが、しかし体感的に大きな効果が得られている事実があります。