水素水の種類が豊富にあり、値段も様々なので、どのようなタイプのものを選んでいいか悩む方が多いでしょう。

水素水の種類には、あらかじめパックされたものと自分で生成するタイプのものがあります。

健康や美容のために水素水を利用する場合は、自分に合った水素水の種類を選ぶことが、長く続けるためのポイントになります。

水素水の種類を知り自分に合ったものを選ぶ

水素水の種類には、水素水生成スティックタイプの水素水、水素水サーバータイプの水素水、携帯型充電式水素水生成器タイプの水素水などがあります。

水素水の種類のうち、水素水生成スティックタイプとは、スティック型をしたプラスチック製の容器に、マグネシウムを内臓したものです。

容器に水を入れ、圧力をかけることで、水素水が発生します。

水温や、圧力などが異なると、でき上がる水素水が変わってしまうという注意点があります。

水素水の種類の中でも、水素水サーバータイプは、水道水から電気分解をして水素をつくることで、水素水を生成しています。

水素水サーバーの利点は、できたての水素水を常に飲むことができることです。

水素はいつまでも水の中に閉じこめておけないため、できあがりをすぐに飲むことが合理的です。

ただし、水素水サーバーは高額で、購入するには15万円から30万円の金額がかかります。

そのため、最初に必要になるお金が高くなってしまいますが、水素水サーバーが1台あれば、あとは水道水だけで家族全員が飲むための高濃度の水素水をつくることができます。

使い続けることでもとがとれるという状況にいる人にはおすすめです。

また、できたばかりの水素水を、出先や、移動中などに飲みたいという人もいます。

家では飲むことができるけれど、家にいる時間が短いという人には由々しき問題です。

アルミパウチに充填された水素水も販売されていますが、毎日飲み続けようとするとコストパフォーマンスも無視できません。

家の外でも、高濃度の水素水を飲みたい方には、携帯型の充電式水素水生成器タイプがおすすめです。

一度の十分で水素水を繰り返し生成することができる装置で、一度飲み終わった後でも、また新たにできたての水素水をつくることができます。

コストもそれほどかかりませんし、水素水を新しくつくりたいときも、浄水機の水と電気代だけで事足ります。

また、市販の清涼飲料水も水素水にすることができますので、水素水の種類を変えてみたい人にもおすすめです。

水素水の種類と値段相場について

パックされたものは、1個250円~500円程度が値段の相場です。

生成するタイプは、数千円から、サーバーだと数十万円します。

まずは水素水の種類ですが、大きくわけて2つあります。

パック型で飲む分だけを購入する方法や、水素水生成器を購入して飲むたびに自分でつくる方法です。

一番手ごろに購入できるのが、水素水の種類の中でもパックタイプのものです。

値段の相場は、1個250円~500円くらいで、容器や濃度によって値段が異なります。

これは、既に水素ガスがパックに重鎮されている状態で出荷されています。

水素が抜けにくい、アルミパウチの容器が人気ですが、開封したらすぐに飲まないといけません。

また長期間保有したままにしていると、少しずつ容器から水素がもれていく可能性もあります。

そして今注目されているのが、水素水の種類の中でも、自分でつくる生成器タイプです。

この中で一番手ごろなのが、スティックタイプの水素水です。

これは水の入った容器に金属マグネシウムが入ったスティックをいれて、その場で水素水を生成します。

スティックの値段は、3,000円~5,000円で購入でき、繰り返し使用できます。

ただし、鉄分を過剰に摂取してしまうという心配があります。

次にサーバータイプの水素水ですが、これはフィットネスクラブやジムなどで見かけることもあるでしょう。1台10万円~80万円ほどします。

一見便利に感じますが、サーバーの中で水素水を生成してから、実際にでてくるには時間差があります。

そのため飲む際には、表示されている水素濃度よりも下がってしまっている場合あります。

また値段が高いので、個人で導入するにはランニングコストが気になります。

最後に、生成器タイプの水素水です。

持ち運べるタイプのものが人気で、時間に応じて水素濃度を調整することができる場合が多いです。

値段は、5万円~20万円ですが、もっと安く手ごろなものもでてきています。

だいたい2年~3年程度の使用期間を設定しているところが多いです。

水素水の種類をしって、自分に合ったものを選びましょう。